都城グリーンホテル オフィシャルサイト



岩盤浴

岩盤浴

岩盤浴とは

岩盤浴・陶板浴

岩盤浴処の秘密は「祖母聖光石」。九州地方で世界最大級の阿蘇カルデラ火山誕生の歴史を凌ぐと言われる、祖母山系の特定地帯で産出される波動石のことです。中生代の地殻変動海底隆起など地球創造の歴史で中心核を成した鉱床と思われ、極めて硬く帯状の筋が特徴。この圧縮された天然鉱石の持つエネルギーは遠赤外線マイナスイオンを超えた力を秘めています。

その性質は透過力にあります。天然岩は熱・水摩擦などによりその効果を発揮します。水と融合することで水分に含まれる毒素を吸収除去あるいは弱毒素化し、本来水の持つ良質なものに還元するので人体の内外から吸収することにより、体内よりは血液の流れを良くし、体外からは保湿性があるので、乾燥による肌の痛みを軽減する効果があります。

 

 

岩盤浴の効能

岩盤浴とは、温めた「祖母聖光石」から発生する、遠赤外線を利用した温熱浴のこと。サウナより低温(40℃)のため、体に負担をかけずに多量の汗を出し、体内の余分な老廃物を出します。お湯も水も使わず、しかも汗はさらさらで、シャワーの必要も無し。寝ているだけで癒され、元気になるお風呂です。

 

 

岩盤浴は高温のサウナと違うの?

岩盤浴とは

サウナ(90〜100℃)は、高温の空気から熱を伝える伝道熱を利用します。その結果、サウナでは汗腺から汗が出ます。水分が99.5%で塩分やアンモニア、カリウムなどを含み気温の上昇や普通の運動で出る汗と同じで、発汗による気化熱で体温を36〜37℃に保つために出る汗です。

一方、岩盤浴(40℃)は、体にあたった所で急激な分子運動を起こし、熱に変わる遠赤外線の輻射熱を利用します。その結果、岩盤浴では、皮脂腺、アポクリン腺から汗が出ます。有害な重金属(脂肪・中性脂肪・コレステロール・鉛・カドニウム・水銀など)や有害な化学物質を含む老廃物(ダイオキシン・PCBなど)を身体の外に出す働きがあるといわれています。

 

 

 

 

岩盤浴・陶板浴 岩盤浴・陶板浴 岩盤浴・陶板浴
清潔なシャワー室、洗面所・脱衣所、休憩室も完備

ここまで


ページ先頭へ


コンテンツはここまで

Copyright MIYAKONOJO GREEN HOTEL,All Rights Reserved.